2020・令和2年度 事業について
 中国武漢市を発端とした「新型コロナウイルス」による感染者は世界的蔓延の状況にあり、国内感染者数が右肩上がりの増大傾向であります。
 国や自治体・JVA・県協会等での対応・推移を伺いながら事業の開催を準備していましたが、非常事態宣言発生により5月6日迄は諸事業の延期もしくは中止といたします。
 5月6日以後も経緯を見守りながら、都度当ホームページに掲載致しますのでご理解の程お願い致します。
 令和2年度事業計画は「大会日程」にアップしておりますのでご確認ください。

1、 4月26日(日)曽根体育館 令和2年度 競技規則伝達講習会 順延
2、 5月10日(日)八幡東体育館 第21回 クラブ男女混合6人制大会 中止




令和2年度事業について
新型コロナウイルスの影響で練習も出来ない状態だと思いますが、早く終息させるべく感染しない・させないように皆さんで予防していきましょう!

さて、昨日事業計画を送付いたしましたが、行政体育館の臨時休館により、下記事業の延期または中止のご連絡をいたします。

【延期】
  4月12日(日) 審判講習会

【中止】
  5月10日(日) 春季ソフトバレーボール大会

今後他の事業も中止する場合は決定次第ご連絡いたします。






3月29日開催予定の「市民選手権クラブ男女混合6人制大会」について
大会参加申込団体代表者 各位

 新型コロナウイルスによる国及び地方自治機関や地元北九州市での対応などの推移を見計らい、「開催可能ならば」との思いでギリギリの選択肢として20日を開催可否の目安と致しました。
 市内公共施設の休館は当初3月10日迄でしたが20日迄に延期され再延期として23日迄となりました。
 国内感染の終息が見えない現状では休館の日々は再度延長される事と思われます。
 V1リーグ決勝での無観客試合や天皇・皇后杯決勝ラウンドの中止など国内外に於ける大会にも大きな影響をもたらせております本感染症に対するJVAや県協会の対応をも参考とし「参加者及び応援者、大会役員を感染リスクから守る。」事を最優先として「大会開催の中止」を決断した次第です。
 現段階では新型コロナウイルス感染拡大防止にどれほどの効力が有り、どれほど沈静化されているとは予測不可能ですが例年のように執り行う事を前提として2020年度事業を「計画・立案・実行」していきますので多数の団体登録および大会へのご参加をお願い致します。

 2020年度事業は4月26日(日)曽根体育館
との予告にて、次年度登録予定団体代表者にはご準備願います。(詳細については以後アップ致します)

 北九州市バレーボール協会 
 副理事長(兼)競技委員長     末秋 剛





2019 令和元年度 市民選手権クラブ男女混合6人制大会について
チーム代表者各位

 3月1日 北九州市に於いて新型コロナウイルス感染者の報告が、市長より発表されました。

学生対象の大会は所轄官庁の通達により中止致しました。

年度最終事業である本大会については現状下記のように致します。

日々刻々と変化する情勢を見極め、参加申込締め切り日(20日金)の翌日(21日土)に再判断のうえ開催・中止の最終決定を致しましてホームページでの告知と致します。

* 開催要項・参加申込書は「登録・大会について」よりご確認下さい。





3/15ソフトバレーボール大会中止について
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、3/15に開催予定の「会長杯 北九州チャンピオンカップ」は中止することに決定しましたので、お知らせいたします。
ご理解とご協力をお願いします。



« 前へ  次へ »